大田まちづくり芸術支援協会

 

 五月晴れのゴールデンウィーク、みなさまのんびりゆったりとお過ごしですか? しばしの間は仕事の話しを頭の中から追い出して家族そろってのお出かけ、いいですね。久しぶりに故郷に帰って生家の庭で草むしり、とってもゆたかな時間の過ごし方です。仕事のなかに生きがいを見出すことと、自分に返って大切なひととのつながりを楽しむこと、どちらが大事と聞かれたら…うーん、どっちもと答えておきましょう。

 

 

 さて、連休前の4月26日と27日に全国メセナネットワークの総会が福島県喜多方市で開催されました。この季節の喜多方自慢は、枝垂れ桜の並木道。30年ほど前に喜多方と熱塩温泉を結ぶJR日中線が廃止となったあとの線路に3kmにわたって枝垂れ桜を植えたとのこと。かつては蒸気機関車C11がのんびりと煙を吐いて走っていた線路が、いまは満開の花をつけた枝が風に揺られてなびく、なんとも豪華絢爛の絵巻物に変わっています。遠くには雪をいだいた飯豊山、目の前は荒起こしを間近に控えた田んぼの畔に若草が萌え、春の青空のもと桜色の横一線が輝いてみえました。桜の盛りは一週間前でしたとのお話しで、すこしまばらになった枝にみどりが見え始めたところでしたが、桜をめでる人波が去った後のしずけさのなかで眺める花にかえって風情を感じました。蔵のまち、喜多方ラーメンのまちで全国区にエントリーの喜多方市ですが、30年の年月をかけて育ててきた桜並木の見事さをみて、このまちの人々は自分たちが過ごしている時間と歴史にしずかな自信をもっているのだと感じました。まちの様子をみても、一時のブームに踊るのではなくゆったりと流れる時間の中で自ずから淘汰され磨かれたものがのこっているのでしょう、電線地中化で広々とした街路と、古からのこっている蔵や商店の店構えが、ずーっとそこにあるまちを感じさせてくれます。まちづくりは、このまちの歴史とこれからの行く末に自信をもつことから始まるものかもしれない、これが喜多方に来てみて考えたことです。ホスト役を務めてくださった喜多方市の「地域の文化活動を支援する企業と個人の会」のみなさまお世話になりありがとうございました。

 

 今年のasca総会は6月11日(月)です。会員のみなさまから会費の形でお預かりしたまちづくり芸術活動支援の資金でascaの活動は成り立っています。また、地域の芸術活動それぞれの場面でボランティアとしてかかわってくださる会員のみなさまがascaの活動の実体を形づくってくださっています。会員のみなさまとともにこの一年を振り返り、もっと楽しいascaを作っていくための話しができたらいいなと期待しています。どうぞご参加ください。(asca事務局長 野田隆)

 

asca平成30年度総会を開催します。どうぞご参加ください。

■日 時 611日(月)午後7時〜8

■会 場 フォルティーノビル1F会議室 (大田区西蒲田7-18-4

■議 事 平成29年度事業報告・決算報告/平成30年度事業計画 会員事業のご紹介など

■問合先 asca事務局 03-3731-4126

 

 

asca後援事業/推薦コンサート =========================

 

6/9(土)18:30開演 第7回オペラ・アルモニーア公演

身近な場所で気軽にオペラを楽しんでください。名前は知っていても聞いたことはなかったなぁ…というみなさんのためのレクチャつきコンサートです。今回のコンサートでさわりを聞いていただいた後は、8月11日にリゴレット上演が予定されています。これでもうオペラの常連になれますね。

■会 場 大田区民プラザ 小ホール

■出 演 オペラ・アルモニーア

       監修・ナビゲーター/須藤慎吾(藤原歌劇団所属バリトン歌手) ピアノ/前田裕佳

■プログラム オペラ名歌集:「道化師」「魔笛」他

       ぎゅぎゅっとオペラハイライト:「フィガロの結婚」「ラ・ボエーム」「リゴレット」

■入場料 全席自由 ¥2,500

■問合先 オペラ・アルモニーア代表 戸田澤 090-6144-4025

 

asca協力事業 =================================

 

シティホールフライディコンサートの2020年度までのスケジュールが決まりました

シティホールフライディコンサート区民実行委員会の総会が4月20日にフォルティーノビル会議室で開催され2019年4月から2020年8月までの出演団体が決まりました。ascaは区民運営委員会の事務局として企画運営にあたっています。フライディコンサートは毎月最終金曜日のお昼休みに大田区役所1Fロビーで開催されます。どうぞ足をお運びください。

 

526(土)10:30開演 大田区&東松島市絆音楽祭

東日本大震災のボランティア活動がきっかけで大田区と東松島市が友好都市となって3年目の今年は、「めばえ」をテーマに音楽を通じて大田区民と東松島市民のひとりひとりの交流をさらに深めます。そして震災の記憶を風化させず、区民の防災意識の向上を図ります。

■会 場 日本工学院専門学校3号館 地下1階 大講義室

■出 演 大曲オカリナブリランテ/東松島氏の女子学生による震災語り部など

■入場料 無料

■問合先 絆音楽祭実行委員会 090-3687-2136

 

 

asca会員様からのお知らせ ============================

 

6/17(日)15:00開演  聴いたあの曲 歌ったこの曲 童謡100年コンサート

今年は童謡100年記念の年。これにちなみ大田文化の森運営協議会公募企画事業で記念コンサートが開催されます。第2部の童謡作曲家紹介コーナーではasca理事で「クラウン少女合唱団」の岡崎清吾先生が作曲された曲もお披露目されるとのことです。asca会員の鈴木正昭さんより次の紹介コメントをいただきました。

 

『 今年は、鈴木三重吉さんが発行していた児童向け雑誌「赤い鳥」に初めて「童謡」が掲載されてから100年を迎えた記念の年です。大正デモクラシーの大きな動きの中で当時一流の詩人、作曲家が子ども達が楽しく歌える曲を書いたのが「童謡」の始まりでした。その童謡の歴史を紹介しつつ、人気のたいらいさおさんを始め童謡歌手(&児童合唱)の皆さんの歌声でお贈りする愉しい2時間のコンサート。ゲストのすがも児童合唱団は、最近ひふみん(加藤一二三さん)と共演したミュージックビデオで人気急上昇、キングレコードからも最近続けてCDが発売されている要注目の児童合唱団です。そして、「童謡作曲家の紹介コーナー」では岡崎清吾さんを紹介致します。クラウン少女合唱団の創始者で、大田区で長年ご活躍されていますが92歳の現在も大変お元気で、コンサート当日は指揮も予定しています。(文化の森運営協議会主催「童謡・唱歌をみんなでうたおう」で指導された際に、その曲を書かれた作詞・作曲家とのエピソードを色々ご披露して下さいました)。「童謡100年コンサート」を大田区で実施するのに一番相応しいゲストです。

 

■会  場 大田文化の森ホール

■入 場 料 全席自由 ¥1,000

■申込方法 事前申し込みが必要です インターネットもしくは往復ハガキにてお申し込みください。

■問 合 先 大田文化の森運営協議会 03-3772-0770

 

大田まちづくり芸術支援協会事務局 〒144-0051  大田区西蒲田 7-18-4  TEL&FAX  03-3731-4126  Email  asca-office92@nifty.com

 

asca homepage トップページに戻る