特定非営利活動法人大田まちづくり芸術支援協会

 

      

平成30年度定例総会開催を 6月11日(月)に開催しました

 

asca総会に際してのごあいさつ

  特定非営利活動法人大田まちづくり芸術支援協会の活動に会員としてご協力をいただいている皆さまにこころより感謝を申し上げます。みなさまのお力によりascaは平成29年度の諸事業を成功のうちに終えることができました。この一年は、とりわけ次代をになうこどもさんたちが活躍する姿をみることができたとうれしく思います。こどもたちが優れた芸術にふれ、また練習と発表を通して成長することができる場を地域の中に作っていくこともascaの大切な役割と考え支援のネットワークづくりに努めました。大田ジュニアストリングスのみなさんがオーケストラ演奏に挑戦しラベルのボレロですばらしい響きを披露してくれたこと、MOA美術館児童作品展のasca賞に豊かな才能を感じさせてくれる絵画と書写の作品を選ばせてもらったことも印象に残っています。

 一方ご年配の方々も大活躍で、フライディコンサートやアマチュア音楽祭での合唱やマンドリン、ハーモニカ、ギター演奏など元気なお姿をたくさん拝見しました。このような活躍の場を地域のなかにつくりだすことが芸術とまちを結び暮らしをゆかたにしていく大切なポイントだとascaは考えています。自分が主役になるわけではなくても、ひととひとを結びあわせ、また舞台の裏側でステージの進行を支える人がいてこそ地域に芸術の花が咲きます。asca会員のみなさまは大田区のさまざまな芸術イベントの舞台裏でそうした役割を立派に果たしてくださっています。まちづくり芸術支援を目標に掲げるascaが誇りとし、また頼みとする会員の皆さま、ことし一年の一層のご活躍を期待しております。ご一緒に楽しみましょう!

 

特定非営利活動法人大田まちづくり芸術支援協会理事長 田中常雅

トップに戻る